聴力 正常値

Image Replacement

聴力の正常値は何デシベルが正常値について

聴力の正常値は何デシベルが正常値なのでしょうか。また聴力に異常があった場合、どのような耳の病気が考えられるでしょうか。当サイトは聴力に不安がある方の専門ページです。聴力を回復させるヒントとなれば幸いです。

聴力は何デシベルが正常値?

head3.jpg

聴力の正常値を知るためにはまず健康診断が必要です。
オージオメーターという専用の機器を使って聴力1000Hzの周波数が正常に聞こえるかの数値をを測ります。またオージオメーターでは聴力4000Hzの高音域の周波数でも検査ができるので、その両方の聞こえが正常かどうかを調べます。

そこでこれから聴力検査をしてみようという方のために、聴力の正常値と聴力検査からわかる耳の病気や障害の種類をご紹介しておきます。


聴力1000Hzの正常値は「〜30db」

聴力4000Hzの正常値は「〜40db」


オージオメーターでは難聴、中耳炎、耳下腺炎などの異常が発見できます。また聴力1000Hzの聴力検査は、日常生活での会話に必要な周波数帯域での聴力が正常値かどうかの検査で、聴力4000Hzの聴力検査は耳の病気や異常を早期発見するために検査をしています。


また難聴と判定された場合にはさらに細かい診断を受けて、難聴は一体どの箇所が原因で発生しているのかを調べる必要があります。難聴の場合は外耳、鼓膜、耳小骨、中耳腔、内耳に異常があることが多く、さらに異常個所が内耳であれば、先天性難聴、後天性難聴、後迷路性難聴といった種別まで検査しておくことが必要です。


難聴だと判断された場合は絶対に放置しないで医師の適切な指示を受けたり、適切な対処方法を学ぶことが難聴を早期改善する近道になります。


また最近は便利になったもので聴力検査に行かなくても、携帯アプリなどからも簡易的に聴力検査ができるアプリケーションがあります。無料のアプリも多くありますので「聴力アプリ」などで検索してみると見つかります。